スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

Circuitry Light

震災から一か月が過ぎても、まだ実感が微妙にわかない。
今も被災地では大変なんだろうけれど、当事者でなければやはり肝心なことは分からない気がする。
「頑張れ、東北」の文字を見る度、日本全体でやはり復興に向けて頑張ってるなぁとしみじみ思う今日この頃。


そんな中でも日々は続いてくわけでございまする。
つーわけで、お馴染みKossy氏とのコラボ作がうpされてま。
テクノ系なのかしら?ミクの機械音な側面を全面に出した感じ。

-Circuitry Light-



テンポが速いので、半分に落とした楽曲Versionをもらいつつ、とにかく音の連打、連打でなかなか新鮮な作詞作業。
しかし予想以上に文字数が多くて書いても書いても足りない状態に。まさに見積もり不足w

サイバーな感じという条件だったので、それっぽい単語を網羅しつつ、とにかく早いVocalメロディなので意味合いよりも多少の余韻を最大限活かす方向で、押韻の言葉遊び系に終始徹底。
そうはいっても、歌詞である以上総合的にまとめねばと、多分分かる人はほとんどいないだろうけれど(笑)、ありがちながら電子と光をキーワードに機械のようなミクがリアルに顕在化するお話を強引に展開。

尺が長いのでVerseも繰返しを多用することで稼いだ文字数だったのに、最後でもまた音の連打。
作詞というよりは埋め込み作業に近いながら、もう勢いだけでガンガンはめていったら、なんとなく最後まで達した感じ。Verse以外はほぼ一筆書き。

これほど一曲に文字詰め込んだのは初。新鮮でしたー。
スポンサーサイト

2011.04.12(Tue) | Lyrics | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://lyricsouya.blog87.fc2.com/tb.php/79-180999a7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。