スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

Easter Delay

CD Loversなので毎月色々買うわけですがー(95%、日本以外)
昨今の国内盤CDってのは、ライナーノーツと対訳のみの恩恵だけで2700円とかするわけですよ。
(作詞好きにとっては、対訳は重要なんだけど、最近は自分で訳せないこともなくなったので価値ちょっと低下)

翻って輸入盤だと、安いと1200とかからあるわけで、その差分の費用対効果というか満足度を考えるとどうしても「うむむ」となる。
昔は国内盤には所謂Japan Onlyのボーナストラックとかあって、付加価値はあったのだが、最近はあっても既存曲のLive/Demo/Acoustic版だのでお茶を濁すような有様。

そんなわけで、必然的に輸入盤が多くなりま。
しかし、HR/HM主体の趣味なのでAmazonとかHMVとかそれなりに輸入モノ扱ってるけれど、マイナー所はあまりなし。

そこで時代は国際化。
海外から直接だって買えるじゃんというわけで、アメリカバンドはUSから、欧州系はドイツのCD屋から買ってるのだが
その発注したドイツのCD屋が今回はなんかなかなか発送してこんので、どうしたんだごらぁっとメールしたら、
せばすちゃん曰く、Easterで遅れてるんだ、ごめんねーとお返事が。

イースター??
卵か。卵のせいかっ?
なんか聞いたことあるなぁと思っても、具体的になんじゃらほいってわけで検索。

---------Easter/復活祭----------
キリスト教の典礼暦における最も重要な祝い日で、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目によみがえったことを記念する。
by Wikipedia

ふむ、やはりキリスト関係か。
どうも祭りというだけあって、慣習化された後に、その日だけの祝日というよりは、一定の期間みたいなものらしいなー
だから長いのか、もう一週間以上待たされてるんだOrz。

ところで卵はどうしたってことでもちっと眺める。

----------イースター・エッグ(英語:Easter egg)----------
復活祭(イースター)の休日もしくは春を祝うための、特別に飾り付けられた鶏卵である。
起源の1つには、イエス・キリストの復活は赤い卵と同様ありえないとある皇帝が言ったため(マグダラのマリア参照)、さらに言えば、イースター・エッグの伝統は四旬節の間の節制(断食)が終わることを祝うためである。
西方教会では、卵は「肉類」と同様に見られ、四旬節の間は食べることを禁じられるのである。
同様に東方教会では、血を流さずに採られる卵は酪農食品(乾酪)に分類され、大斎中は肉や魚とともに禁食の対象となる。
by Wikipedia

やはり文化的なものが絡んでるのね。
卵が肉と同列なんて想像外だけんど・・・何にしろ、どこの国でもこういう抽象的な祭りがあるってこった・・・

で、何が言いたかったかというと、
海外通販時は、その国の祝祭日にも気をつけろってことの模様。

日本語OKな輸入店経由するより早いぜーってタカをくくってると、在庫確保がなかった場合、思わぬ裏をかかれまするw

はやくしてー、せばすちゃーん(担当者の名前だYOw)
スポンサーサイト

2010.04.07(Wed) | Blather | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://lyricsouya.blog87.fc2.com/tb.php/14-71f6dccd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。