スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

Away From...

さて、長らく世話になった出向先からもオサラバな二月も残り僅か。

閏年なのは吉兆か否か。
仕事の終わりってのは、学生時代の卒業とかともまた別モノなのでなんとも形容しがたい。

今後同じ業務系でやるかも分からんし、振り返ってどうこうよりも、この後どうするの―的なものの比重が大きいかも。

まぁ、とりあえず自社戻るより先に有給取りましたがっw
これ以上無駄にして捨てるもにょかっ


そんな中、ILU氏へ書いたものがうpされてま。
独特の雰囲気で明るく展開する佳曲。

-Swimming Utopia-



言葉の意味合いよりも音にマッチして邪魔にならないよう、且つ違和感なく溶け込むような視点で多分書いたんではなかろうか。
メロディの揺らぎを波に捉えて云々…あまり深い意図はないw
前回のDualに引き続き絵がふつくしいですな。


もうひとつ、みっちぇる氏の曲へ書いたもの。
生楽器のロック。ピアノがまたいい感じのアクセントになってる勢い系。

-Away From The East Of Eden-



王道ロックな音だったので、それっぽいロックな歌詞を被せてストレートに融合させたら、逆に王道過ぎたんではなかろうかとか今更思う人。
だが、タイトルはきっと被らないだろう(誰も付けたがらない半端な長さ故にw)
内容も感覚派なものなんで、ロジカルに説明を求めようものなら一秒で破綻するでせう。フィーリングで聞きませうw



物事には幾つもの視点があってどれが正しいってのはない。
音楽を聴く人にもそれがあって、歌詞ひとつ取っても千差万別で万人を納得させるものはない。
多数派の者を納得させるものにできたとしても、それが自分にとっては望むものでなくなるなら、それはやはり何かが違う。
「何のために」という理由が結局は優先されるべきであるからしてーーーー

なんてことをいつも考えさせらりたりらりらーん。
結局マイナー派は、あらゆる面で他人から理解されることは難しい。だがそれがいい(マテ
スポンサーサイト

2012.02.28(Tue) | Lyrics | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://lyricsouya.blog87.fc2.com/tb.php/116-9d83b3cd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。