スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

Knock On Door Of My Heart

最近熱かったり寒かったり、虚弱体質をいじめる罠かっ

PC新調のエンジンをそろそろかけるかってところで、Thunderbolt計画とな。
次世代規格だと・・・USB3.0とSATA 6Gbpsだけでは満足できそうにないではないか。
雌伏の時がどうやらまた伸びたようだ…


そんな機会逸失の中、ko_to氏へ書いたものがうpされた模様。
儚げでどこかスタイリッシュな楽曲でふ。ある種オサレ系。

-Knock On Door Of My Heart-



これは確か英語OKって出てたので、勘が鈍らないように書いたよーな。
部分的に何度か書き直して、いい感じに調声してもらった記憶が。
言葉ノリ的にまだ微妙な箇所を強引に歌わせてもらってる箇所があるし・・・力不足でふorz

動画も色々イメージして解釈してもらったようで、ありがたいことですな。
OLルカはなかなか新鮮。



最近はマンネリ化してきた何かを払拭するため、原点に戻って書きつつ、結果的にはやはりボカロには不向きなニッチな世界を醸し出しすぎてる気がしてならない。

でもそれでいいんだ、きっと。
M way is only my road
他人と同じじゃつまらなーいってことで開き直りつつ、好きなものを書くべしっ
スポンサーサイト

2011.02.28(Mon) | Lyrics | cm(0) | tb(0) |

Shout It Out,Take It Back

雪のせいであらゆる予定がぽしゃった上に体調を崩した三連休。
なんという嫌がらせな天気なのでせうか…orz

しかしその分、積みあがっていたCDを堪能。
いつのもようにFlac化していたら今度はMainPCのDVDドライブがご機嫌斜めで、読み込むとOS事フリーズ・・・
なんだ、この負のスパイラルは。ドライバの問題でもなく、今更相性か?しょうがないのでNotePCで作業分割。
そろそろMainPC換えなくちゃなって話かねぇ。


そんなダウナー気分な中、そーらーしすてむ氏へ書いたものがうpされてま。
何気にしっかりとしたハードロックなTuneデス。

-Shout It Out,Take It Back-




サビが分かりやすい決めフレーズっぽい譜割りだったので、無理矢理英語を当てはめただけ。
よくあるJ-POP風歌詞パターンですなw

我がまま気ままにこうしたらもっと(自分好みにw)良くなるんではないかと提案したら、快く色々対応してくれたそーらー氏に感謝。

ミクではなくリンにしたのも、確かに合ってるかも。


PS:風邪に気をつけませう(←オマエガナー

2011.02.14(Mon) | Lyrics | cm(0) | tb(0) |

Stardust Entropy

週末はまったり過ごすものって言うが、ふと、まったりっていつから使われるようになったのかと疑問が沸く。
検索のためにネットは存在するのだ>調査調査。
ふむ、最近なのね。美味しんぼのまったりとした味から広まったのか。
こういう語感の言葉って何か好かれるよねぇ・・・


そんな誰も気にしてないんだぜ?的な突っ込みの中、あなぶら氏へ書いたStardsutシリーズの三作目がリリースされてま。
二作目は動画準備中だそうで・・・
いつもより高揚感のある楽曲ですな。インストだけでも美味でGoodなのは流石。

-Stardust Entropy-




星空と片想いなテーマのようなのでそれっぽく。
誰も気にしなくてもわしは気になる恒例の押韻をどうにか混ぜて音の伸びを殺さないようにしたつもり。
聞いてて気持ちのいい音を活かす所まで昇華できたらいいねぇ…
現状は-回避で、+αまで持っていけてないスキル不足。

日々精進なり。

2011.02.07(Mon) | Lyrics | cm(0) | tb(0) |

Rafflesia

久々に風邪引いて38.5度とか行った人でふ、こにゃにゃちわ。
アジア杯優勝で興奮しすぎたかしら・・・orz

本田よりも長友だろーがってMVPに憤ってたら、インテル移籍キターってなもんで溜飲を下げた。
こっからが本当の実力を見せる時だな。


そんなこんなで、2月に入ったのでMEIKOです(謎。
愛鍵氏へ書いたRafflesiaが公開されてま。今回もジャジーでアダルトな雰囲気が素晴らしい一品。

-Rafflesia-




うーんと、これはサビの頭5音からイメージ膨らませて作ったよーな。
ここが胆で、語尾の余韻も残るから、母音「あ」系で終わるのが好ましいなってな感じで、響きのいい言葉を当てはめたとき、なんだかどっかから沸いてきたラフレシアって単語。

お、花の名前くさいなーって思ってたら、これがなんとも言えない花だったw

しかしこの響きは捨てがたい>このなんとも言えない何かを表現すればよい>曖昧系ならどうにかなるっ>なりませんでした>しかし捨てがたい>安直に恋愛ものに絡めてしまえ>いつものニュアンス逃げ>開き直り

という経路を辿った結果、なぜか採用された不思議。
多分こういう雰囲気を好きな人以外には、さっぱり伝わらんとは思うけれども、分かる人にはちょっとウケるんではないかとw
そんな偏った世界観ですが、愛鍵氏の音がすべてをカヴァーしてくれてま。感謝感謝。

変化をつけるためにケセラセラを使ったけれど、この言葉の「なんとかなる」ニュアンスの意味ってどれくらいの認知度があるのか・・・
エトセトラとかなんか幾つか他の候補もあったように思うけど、もう忘れたなぁ...

自分が知っているからといって、その言葉が世間一般でどれだけ知られてるかって分からんもんよね。
でも、逆にそれがきっかけで調べて言葉の輪が広がればいいじゃないって思ってたら、そんなことする人間は稀だと突っ込まれた罠。

辞書引くのが好きな人間を否定するなやっww

というと、逆に辞書がキライな人間も忘れるなと。
その通りですねorz

だけど、ぼくは、知らない単語を、使うのを、やめないっ


そんな感じでHasta luego!

2011.02.01(Tue) | Lyrics | cm(0) | tb(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。