スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

Luck is Ability

PK戦で負けたのは意外だったが、結果的にはこんなものでしょっていう内容だったかね・・・
パラグアイもあんまり調子よくなかったから、運があれば勝てた試合だったが
どちらも好機に決められん決定力不足と、守備的な相手を崩せない攻撃陣が、やっぱ実力の壁だわね。

てか、TBSのアナウンサーが興奮しすぎというか、私情入りまくりでうざかったのは気のせいかしら。
もっと客観的に冷静にやれよと思うのだけんど・・・枯れた見解かねw


何はともあれ、お疲れ日本代表。
そして今回の優勝はなんだかんだいって、やっぱりアルゼンチンかなぁ。
勢いが失せない限りはこのままいけそう。

でも決勝戦また明け方三時半からだっけか、生で見たいがどうしたもんかw


PS:PKを外して泣いていた駒野君にはFAIR WARNINGの「Don't Give Up」を捧げよう。
スポンサーサイト

2010.06.30(Wed) | Blather | cm(0) | tb(0) |

Aria

サッカーの母国イングランドが若きゲルマン魂にああまでやられるとは思わなかった。
メタル的にはIRON MAIDENがHEAVEN SHALL BURNに負けたみたいなーw

そんな一般人にはイミフな例えの中、6∀⊥氏のAriaが公開された模様。

こんな場末の底辺な無気力人間に作詞依頼して頂いて感謝でありますw
勢いのあるエモ系・ロックだったのでノリ重視とカッコよさを演出しようとして、書いてく途中でいつものようにズレていったよーな。

楽曲は王道なGuitarリフとガッツのあるDrumリズムがたまらんTuneデス。




どうでもいい話:
確か最初は MARIA だったのよね。
でも、ふと思えばMariaってタイトルで前に二個ぐらい書いた覚えがあるぞってなって、心の中の誰かさんたちがささやいたわけデス。

僕A「だいたい、僕はMじゃないよっ」
俺「確かにそんな趣味はないな」
僕B「どっちかっていうとSだよね」
僕A「じゃあ、MとってSにしてSARIAだね」
俺「まてまて、MでもSでもねーから」
全員「じゃあ、Ariaだ」

そんな感じなタイトル命名劇。

あと、通常はその場で改稿してくので、原稿はすぐ書き換えられて最初のものなんて思い出せなくなるんだけど、珍しく最初の書き出しが残ってたんで見てみる。

「Sun Dead! 戯けた驕りに撃ち抜かれて
 壊れてゆくよ
 Someday 朝日が昇らない日常が
 夢も奪って」

良くも悪くも、このAメロの原型から一連の流れが生まれたわけデス。
つうか、我ながらいきなりネガティブすぎる書き出しだなぁw

2010.06.28(Mon) | Lyrics | cm(0) | tb(0) |

Boo Boo Sound

サッカーW-CUP三昧。

気づけば見てしまっているな。

日本のオランダ戦は予想外にいい守備していた。攻撃については予想通りだがw
次のデンマーク戦、朝から残念感たっぷりになるとは思うけれどやはり早起きして見なければなるまいて。

ポルトガルやりすぎな7-1で北朝鮮南無とか、アルゼンチンのメッシはやはり只者ではないとか、
チリの攻撃的サッカーは見てて気持ちいいとか、スペインは今年こそ狼煙をあげそうだとか、フランス不協和音過ぎるwwとか
今回も色々目が離せませんなー。

そして何よりも一躍有名になったアフリカ民族楽器「ブブゼラ」
かつてこれほど否定的な評価を受けた楽器があっただろうかw

アフリカ人以外から、熱狂的に嫌われているこの楽器だが、FIFAはアフリカの文化を尊重ということで禁止はしてない。
ならば、さぞかし伝統のある楽器なのだろうと思っていたら、WiKiが正しいならばたいした歴史もない楽器じゃないかw
>ブブゼラが南アフリカで一般的になったのは1990年代になってから…
(>▽<)<歴史浅っ

でもこの音、蚊の騒音に慣れた(?)日本人なら耐性は他の人種より強いから強みになるなっ。
なんてことを思うけふこの頃。


あ、あとどうでもいいのだけんども、MMORPGなどやるつもりももうないわけだが
FFXIVのベンチマーク公開ということで、やってみたが、LOWで1748とか・・・要求スペックが廃すぎる。

クアッドコア以上じゃないとだめなのね・・・グラボはGTS250の1G積んでるからもう少し伸びると思ったんだがダメらしい。
ミドルクラスPCを使っている自負があったんだが、時代の流れには追いつけてないようだ。

2010.06.22(Tue) | Blather | cm(0) | tb(0) |

Euphoria II

スペインがスイスに負けるという波乱の中
生娘P氏のEuphoriaがうpされた模様。

思えばGUMIに載せたMyLyricsって初かも。
叙情感のあるGuitarが心地よい一品デス。



言葉運びがまだ詰め切れてない反省はあるものの
英語から日本語への変換という観点ではまぁ、それなりに近しいんじゃないかと。

Bring me Euphoria♪

2010.06.17(Thu) | Lyrics | cm(0) | tb(0) |

First Win but...

サッカーW-Cup 祝初戦勝利!

・・・なわけだけれど、冷静に見るとやはり不信感が拭えない。

相手のカメルーンのコンディションが悪すぎたってのと
守備は悪くなかったが、攻撃についてはリズム作れてない。
本田の1TOPで崩したって感じの攻撃はなく、先制点も運半分みたいな・・・

ただ、松井は良かった。アシストもそうだけど、仕掛けていく姿勢がGJ。
まぁ、全員集中してボール追いかけてたから悪くはなかったし、全体の戦略的に守り中心から狙ってくっていうスタンスだったってのもあるんだろうけどね。


>>英BBC電子版は「二つの調子の悪いチームがインスピレーションを見つけるのに苦しんだ生ぬるい試合」などと酷評した。
客観的に見ると、この見方もあながち間違いじゃないなと思えてしまうのが悲しい現実w

そして次のオランダ戦、デンマーク戦については
今回の戦略ではまた運がないと勝てないという見方は変わらんね。

次はどんな布陣で攻撃しようとして、実際にそれができるのか、見所はそこだわね。

頑張れ、ニッポン!

2010.06.15(Tue) | Blather | cm(0) | tb(0) |

Euphoria

とある曲にほぼ英詩で書いた。
作曲者にも気に入って頂けたようだが、英語での調声が難しいということで英語>日本語に手直しすることに。

言語感の違いは、語数的に吸収できないのでいかに雰囲気を近づけるかでなかなか新鮮な作業。
長音を区切って英語で単語割り当ててたから、単音で日本語にすると圧倒的に語数が足りなくて難しかった。

まぁでも、行間を読ませる感じの曖昧感はいつものことなのでなんとなくなったよーな・・・

色んなニーズに応えられるかどうかってのは重要デスネ。
道はまだ遠い(何の道だw


違いを見たい奇特な人はどうぞ↓

2010.06.11(Fri) | Lyrics | cm(0) | tb(0) |

Try to Win

サッカーのワールドカップが近いのに、まったく高揚感がない・・・

今の日本代表に期待できない、しょんぼり感がMAXのせいかなぁw

昔は早退してまで、サッカー中継をリアルタイムで見てたのになぁ。
まぁ、あの時は運悪く隣の家の誰かの馬鹿でかい「あああー1点取られたーー」という落胆の声で見る前から楽しみが半減したという苦い思い出アリだったりするわけだけれども・・・

岡ちゃんパッシングが昔からあるが、監督がそんなに影響するのかなぁと疑問。
人選と、途中での交代の見極めという意味では分かるけど、結局試合するのは選手であって、監督の戦略とかがあったとしても、フィールド上でどう動くか、動けるかってのは個々の問題な気がする。

つまり、てめえら、気張れやっていうのを選手に言いたい。
どうも、勝とうって言うガッツが見えないんだよなぁ。

精一杯頑張ってみます>やっぱりだめでした>不甲斐なかったです。
なんか淡々としてて次につなげようと意思が弱い、ゆとり世代か、ごらぁ!!みたいなw

観客を熱くさせる何かをぜひとも、見せてもらいたい。

負けないサッカーはいらない、勝つサッカーでなくてもいい、勝とうとするサッカーをやってくれ。

by じゃあお前が見本を見せれと言われても、目をそらすチキンファンw

2010.06.07(Mon) | Blather | cm(0) | tb(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。