スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

7th Heaven(Fake)

ワールドカップに合わせた生活してたら睡眠時間が半端になって四苦八苦な人デス、こにゃにゃちわ。

ネイマール骨折とか残念すぎるなぁ…
まぁ、日本は応援してはいたけど、三敗すると思っていたから何も驚きはないw
全然仕上がってなかったものね、ザックジャパンとは一体・・・てな感じですた。



さて、恒例(?)のまとめ紹介。


I.ap20.40music氏の普遍的なPopsBallard。

- Bench -



十八番とも言うべき回想系の歌詞内容。某氏のバスストップという曲のタイトルが頭の片隅にあって、無意識にそれを意識して絡ませていたと思われw
ほんのり哀愁系だけどほっこりみたいな雰囲気を崩さないような感じでまとめた感じ。


II.ハルカ氏の激情ロック系。

- 群青 -



とにかく語数が多く、サビ以外が究極に早口というボカロらしい曲なので、言葉を詰めて詰めて詰め込んだような。
元々、人には歌えないだろう所を狙って作ったという話でもあったので、多少無理やりな感じでも音にできるだけノるように心掛けたつもり。
珍しく日本語タイトルなのは、群青を英語にするとUltramarine Blue Pigmentとか、それはそれでアリだけど、群青という単語は個人的な美意識にフィットするのでそのまま使いますた。
動画のアート志向といい、リンとレンがカッコよく聞こえますな。


III.久々の活動再開でKossy氏とのコラボ曲。

- Morning Glow -



- Cosmology -



前者は知ってる人が聞けば一発で分かる元ネタ曲を大胆にあしらった一品。Pianoの清清しさが朝っぽかったので、それに合わせてまとめた感じ。
後者は、音的にもう安易に宇宙だなって飛びついて、それにまつわる宇宙用語なるものをちょちょいと調べたらハマりそうだったので、そこら辺をそれっぽく料理したんだったかな。個人的にサビは結構気に入ってまw。


最後に、
愛鍵氏が参加要請されたMEIKOコンピの曲にも書かせてもらってま。

それがこちら。
「東雲 -SHINONO-ME-」
200-w.png

- クロスフェードデモ -



No.09 Crescent Moonがそれでふ。ボカロPとかあまり知らないけど有名Pも参加してるらしい(←他人事w


そんな感じでしたー。
スポンサーサイト

2014.07.05(Sat) | Lyrics | cm(0) | tb(0) |

No Boundary Algorithm

はい。お久しぶりデス。
このBlog用のID忘れて四苦八苦してなんかいませんYO。
アレですね、もう撤廃されたフリメがIDだと困りますネw

まぁ、そんなことはどうでもよくて。
もうすぐ運命の何かが下されて進退をそろそろ決めなきゃならないというけふこの頃。
あと、運動不足で寝起きに体がバキバキ言うのをどうにかしたいデス。



愛鍵祥氏との4作目。
相変わらず独特なジャジーテイストがたまらん作風ですな。


- 非境界線アルゴリズム -



この歌詞になるまで結構難産系だった気が。愛鍵先生のご指導のもと、論理的に音に合わせるという命題が課せられ、読めない楽譜に色々と注釈を付けて頂き、それでも理解できないバカに懇切丁寧に説明してくれる先生の熱意が、この歌詞と相成りますた。
え、歌詞の意味が相変わらず分からない?そこはどこまでいっても、わしですのでw
シンプルに誰でも書ける、分かりやすさとかいうもんはつまらないというゲスい考えのもと作ってるので、行間を読む、雰囲気を感じる、曖昧さに個人的解釈を介して自分で昇華して吟味するなどの楽しみ方ができない人には、おそらくクソみたいな散文にしか映らないでせうw

まぁ、別にそこまで深読みしなくても、単になんとなく感じることができれば、それでいいと思われま。
すべては受け手の気分次第、そんな感じでいいのれす。

タイトルはNo Boundary Algorithmを日本語っぽくしたもの。この時点で常人にはまったく意味が分からないこと山の如しww
ええ、何事も気にしたら負けですよ。自分がいいものをいいと思ってたらそれでいいんデス(多分。


あと、お馴染みDuronII氏との二曲。

- Power of Thunder -



アニメのOPっぽいのってオーダーだったかしら?
少年冒険活劇ものって想定で、相変わらず斜め上に出来上がった次第。神鳴りの力を持った主人公云々がわしゃわしゃいくぜー、みたいな。
イントロがやけに壮大ななのは、適当に自分がいった発言のせいデスw

- Hunger Anger -



バリバリの正統派メタルというか、ご本人も認めるメタリカ臭w
ぶっきらぼうな感じでいいとのことだったので、荒っぽいリン風味で風刺的なのをつらつらと。
漢な感じで硬派なリンも悪くないデスネ。



最近は初心に戻って書きたいものを書きたい風にを目指しつつ、世間やら流行やらその他自分以外をまったく考慮しないので当然のごとく打ち捨てられてるような気がしないでもないが、自己満足的にはOKなのでいいのではないかなw


うん、まぁ、そんな感じでふ。

2014.04.20(Sun) | Lyrics | cm(0) | tb(0) |

2014

明けましておめで…遅すぎるw
あれ、もう二月になってマセンカ?気のせい、気のせい。きっと風のいたずらデスヨ!


ええ、まぁ、そんな感じで今年もゆるりと行きませう。

愛鍵氏との二作目がなんとMEIKO V3公式デモサンプルになってますた。


- Rafflesia V3 -


ベタ打ちでもそれなりに聞こえますな。相変わらずオケの雰囲気が良い。


seel氏とのバラード。

- Monochrome Rain -


切々と流れる感じが好みでふ。それに合うようなまぁ、王道な内容で、雨という小道具もまたありがちなので書きやすい部類デス。


千田 植氏とのプログレ・ロック。
一般的にはランタイムが長いとか思われるんだろうけど、個人的には全然普通の尺w

- Extreme Identity -



言葉遊びと何かを掛け合わせた作風デスネ。オケが好みなのでVocalが主張し過ぎず、引っ込み過ぎずなバランスを心掛けて書いたハズ。
曲の展開がネオ・プログレ系でシンセストリングスも効果的に使われ、ボカロでこういう系なかなか聞けないから嬉しいですな。


イトシン氏のピアノ・エモっぽい一品。

- Magic Box -



何か精神が飛んでて(ヲイ)、いつもの作風じゃないものを作ろう週間だったので、サビ以外は個人的に珍しい感じのフレーズが多い気がする。
雰囲気に合ったPVも心地よい一品になってま。


まぁ、うん、そんな感じでぼちぼち今年もやっていきま。

2014.02.06(Thu) | Lyrics | cm(0) | tb(0) |

Still Alive?

あ、あれ…11月も終わりますネ。おひさしゅう。

何もかもが足早に過ぎてゆく中、めっきり寒くなり、我が心も懐も冷え込んでく一方でありまw
そんなわけで久々に最近うpされたものでも。


夢ーちょ氏とのコラボ。
実はこれが一作目という二年程前の一品w綺麗なエレクトロニカな音ですな。

- Liar Sky -



うん。何を思って書いていたかよく覚えてな(ry。いや、ある種ちょっとだけ表現をひねったいつもの恋愛系デスネw二年越しに完成品を聞けて良かった良かった。
何気に依頼していた方と連絡途絶になって暗礁に乗り上げていたらしいという紆余曲折があったらしいデス。製作するのも大変デスネ(遠い目


で、最新作がこちら。
緩急のついた美麗な曲でいい感じデスヨ。

- Letter To Myself -



はい、趣味丸出しというか、女々しい(?)回想系のひとつのパターンですなw最近じゃ手紙なんてアナログなものは使わないだろうけど、やっぱ絡まらせるアイテムとしてはいいものデス。
さらっと聞き流すとわからないけれど、違うメロディがバックコーラスで流れてて、重ね合わせるときの語感が邪魔にならないようにちょっと苦労した記憶が。


お次はleafly氏との二作目。
短いながらも重厚でドラマティックな一品。


- Verloren-T-Lelia-short ver. -



ShortVersionとなってるけれど、現状Longは存在しませぬ。気が向いたら作ってくれるかもしれないので気長に待ってま。
前作のEin-T-Leliaの世界観とつながった楽曲なので、今回も曖昧模糊としたLeliaの世界を引き伸ばしたつもり。感覚的な世界観を感じてみてくらはい(多分無理w


あと、song氏とも二作目かしら?
ある種、王道なHR楽曲。

- Live and Feel -


タイトルがいい(自画自賛)。CULメインは初。
以上。



うーん、最近ひねりだす言葉が同じようなマンネリ化に陥ってる気がしてならぬ。
わしの革命的進化はまだ来ませんかね?

あ、未だにHR6な迷惑太刀野郎の自分では駄目ですか、そうですか。
ガララアジャラが嫌いなんじゃー(何の話ですかっ

2013.11.26(Tue) | Lyrics | cm(0) | tb(0) |

Why July?


あれ、もう、えっと7月?ん?ジュラーイ?ホワーイ?
とくだらないことをいいつつ、久々に書くのデス。

なんでこんなに日が空いたのか。
それはOnly Goddess knowsってことで(いや、深い意味はなくw)

兎にも角にも一進一退を繰り返してるようなダメLife。
まぁ、なるよーにしかならんと開き直ってるEvery Day。

・・・いいたいことは数あれど、うまく言葉にはできないのが現代社会。
そんな感じれすw


ここ数ヶ月にうpされたもの。


DuronII氏とのコラボ。
明るい感じのポップ。敢えて普通っぽい(?)歌詞を、Duron氏監修のもとで試行錯誤して練りだしたが、はたしてどうなのかw

- ハッピー予報  -




五条城氏のデュエット曲。
苦手な分野を果敢に挑戦した記憶があるが、テーマ的に賛同はあまり得られないでせう。
色々困難を乗り越えて長期間に渡ってPVを作成されたようで、感謝に堪えない。

- Black Wall -



liviera氏の美しいバラード。
ちおのどくさ・なんちゃらというタイトル(云えてないw)で既に、分かりやすいタイトルが流行りの時流に真っ向から対抗しているアレな作品。
綺麗な音に釣り合うように言葉を並べた感じだったはず。

- Chionodoxa Luciliae -



Na-M氏のハードロック系。
言葉遊びのVerseと、フラクタルというフレーズがなんか浮かんだので当てはめってた感じのサビ。IAとMikuで味が違うのがまたGood。

- Fractal Mind -






Leafly氏のショートエレクトロ曲。
タイトル指定の短いVocalLineの中では、想像力の余地を持たせた雰囲気でしか書けないので、こういうカタチに。
音を楽しむために、言葉は邪魔にならないよう、だけど存在感は出せるような気配りのつもりもり。

- Ein-T-Lelia -




うん、まぁ、そんな感じでどーにかこーにか生きてま。
どこまでいってもマイペース大好きなので、結局信じる道を行くしかないというKETSURONだっ!
アルファベットだとポップでマイルドでクリーミー(笑)だから大丈夫だ、問題ない。

お後がよろしいようで。

2013.07.05(Fri) | Lyrics | cm(2) | tb(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。